調剤薬局事情

丁寧な服薬指導・「お薬手帳」活用のすすめ

安心してお薬とを服用して頂けるように努めています。

私たち豊田調剤薬局の薬剤師は、患者様の不安に寄り添い、丁寧な服薬指導にもこだわっています。
やさしい言葉、分かりやすい言葉で説明することで、患者様に安心してお薬を服用して頂けるように努めています。

お薬手帳のメリット

お薬手帳をきちんと使えば、“間違いない”医療を
受けるために、医師や看護師、ケアマネージャー、
そして薬剤師に“正確な”情報を提供することが
できます。

お薬手帳活用の5つのポイント

ポイント1医療機関にかかる時は『お薬手帳』を必ず持って行きましょう

もれなく記録していくことで、薬の重複やよくない飲み合わせを未然に防止できます。また、同じ薬による副作用の再発を防止できます。 薬の使用の記録があることで、より安全に薬を使用することができます。

ポイント2言いたい事や伝えたい事を書いておきましょう

なかなかその場ではいいにくいこと、忘れてしまいそうなこと、体調の変化や気になったこと、医師や薬剤師に相談したいことなどを書きとめておきましょう。

ポイント3一般用医薬品(OTC医薬品、大衆薬)・健康食品の記録

一般用医薬品や健康食品の記録をとっておきましょう。思いがけない、よくない組み合わせ・食べ合わせが見つかることがあります。

ポイント3いつも携帯・いつも同じ場所に保管して

旅行先で病気になった時や災害時に避難した時、救急のときなど、お薬手帳があれば、あなたが飲んでいる薬を正確に伝えられます。 ご家族にも、あなたがお薬手帳を持っていることを知らせておきましょう。

ポイント5一冊にまとめましょう

飲んでいるすべての薬を「1冊で」記録することが大切です。病院ごとや薬局ごとに、別々のお薬手帳を作らないようにしましょう。